© Body Mind Training Lab All rights reserved.

アーカイブ:2017年 2月

「運動」と「所得」と「モテること」

「課長ムカシはモテてたって言うけど、そんな片鱗ないよね?」 あのころは、モテていた。 おかげでステキな妻と出会えた。 家族が…

行動の心理的障壁を取り除く方法

ともに働く仲間の作業効率に影響を与える要因には、企業内にある非公式なコミュニケーションもあるようです。 そして、物理的な作業条件や職場…

組織の共同意欲を起動するスイッチ

ヒトは、会社のパフォーマンスを左右するもっとも重要な資源であることは言うまでもありません。 そして、ヒトが能力を最大限に発揮するために…

健康経営がもたらす大きな成果

なぜ中小企業が健康経営に取り組むべきなのか? その理由のひとつは、人材採用活動が有利に進み、一方で離職者が減少する効果が期待できることで…

健康経営銘柄選定の流れ

企業経営では、資金調達、人材採用を有利にすすめることが業績向上のカギとなります。 近年、健康経営が注目されている背景には、企業の生産性…

健康優良法人ホワイト500に選定されるメリット

東証上場企業を対象とした「健康経営銘柄」の選定以外にも健康経営を実践する法人を優良法人として認定する制度がはじまっています。 大規模法…

平均寿命と健康寿命

近年期待が高まっている健康経営。 経産省の「健康経営銘柄2016の選定基準等について」によれば、健康経営の目指すところは、「生涯現役社…

健康経営で中小企業にも大きなメリットが

近年注目されている健康経営というキーワード。 健康経営とは、従業員の健康保持・増進の取組が、将来的に収益性等を高める投資であるとの 考…

ただ歩くだけのマインドフルネス

「なんでいつもこうなんですかね〜?」 「イラつくなー!」 職場で起こる様々なトラブルによるストレス。 「もうカンベンしてよ!」…

負の連鎖を断ち切る方法

「なんでもないから放っといて!」 会社で起きたツマラナイことで、家に帰ってもツマラナイ顔。 心配した家族に声をかけられこう言ってしま…

理想の上司は信念を曲げない

「ストレッチなんかいいから仕事させなさい」って言われちゃうよね。 この記事をお読みのあなたは、会社でブレイクタイムに軽い運動やストレッ…

1日10分で認知機能を上げる魔法の習慣

前の記事では、運動が脳を発達させる仕組みについてお伝えしました。 では、今回は具体的にどういう運動をすると脳が活性化するのかについてお伝え…

そもそも、なぜ運動が脳を発達させるのか?

そもそも、なぜ運動が脳を発達させるのか? それを知りたい理論派の方のために、運動が脳を発達させる仕組みが解説された記事ををご紹介します。…

理想の上司は職場でつま先立ち

前回は、ブレイクタイムできる疲労回復法の「運動なくして仕事の成功はありえない」ということを書きました。 ここからは、仕事の疲れを回復させ…

運動無くして仕事の成功はありえない

前の記事では、仕事を区切ったその合間のブレイクタイムにやると効果的なアタマとカラダの疲労回復法3つめ「運動」についてお伝えしました。 今…

2分でやる気がみなぎる魔法のポーズ

前の記事では、仕事を区切ったその合間のブレイクタイムにやると効果的なアタマとカラダの疲労回復法3つめ「仕事の進め方を変える」についてお伝えし…

理想の上司は細部にこだわる

前の記事では、仕事を区切ったその合間のブレイクタイムにやると効果的なアタマとカラダの疲労回復法ふたつめ「栄養」についてお伝えしました。 …

「栄養」は理想の上司の管理指標

前の記事では、仕事を区切ったその合間のブレイクタイムにやると効果的なアタマとカラダの疲労回復法ひとつめ「疑似回復」についてお伝えしました。 …

疲労回復の奥の手

前の記事では、仕事の効率を上げるには、時間で仕事を区切ることが有効ということをお伝えしました。 ここからは、仕事を区切ったその合間のブレイ…

一気に追い込む集中力の法則とは

前の記事では、ニンゲンの集中力は、どんなに鍛えても120分までしか持続できないということをお伝えしました。 ですから、休憩無しで長時間デ…

変えようがない事実を受け容れると変化が起きる

読者の方の中には、 「よし、うちの部署も仕事の合間にストレッチや体操を採り入れてみよう!」 と思っている方もいらっしゃるのではない…

長時間労働による悲劇を繰り返されないために

2016年にニュースを賑わせた、大手広告代理店社員の過労自殺問題。 この問題は、社長の引責辞任にまで発展しました。 社長だけではな…

ランチタイムにエクササイズ?そんな場所ないでしょ

あなたのスタッフ、本当はブレイクタイムにエクササイズでリフレッシュしたいと思っているかもしれません。  こちらをご覧ください。   …

生産性についての よくある誤解

「ただでさえ忙しいのに、仕事の合間に運動してたら終わるの遅くなるよね?」 あなたのスタッフには、そういう人もいるかもしれません。 …

人生を搾取する「全人格労働」からの脱却

働く時間だけでなく、人生全てを仕事に奪われ、私が壊れてしまう。 そう感じている人は思いのほか多いのかもしれません。 長時間労働による…

汁物を控え28Fまで階段を登る社畜たち 〜上司は知らない衝撃の事実〜

長時間勤務をしている会社員。 まずは彼らの涙ぐましい努力をごらんください。 1 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/…

仲間はいつも健康で、絶好調で笑っていて欲しい

前の記事では、Yahoo!ジャパンが従業員の健康増進を目的とした様々な取り組み事例を紹介しました。 今回は、株式会社DeNAの事例をお伝え…

最先端IT企業の疲れ対策はここまで来ている! 「スマホの肩こりはスマホで解消」

前の記事では、Googleがビジネスパーソンとして重要な3大スキル「Cook」「Move」「Sleep」を身につけることに取り組んでいる事例…

いま、イケてる会社の管理指標は「血糖値」

まず一つ質問をさせてください。 あなたは「人生を生きる上で最も必要なスキルを3つあげろ」と言われたら、なんと答えますか? 最先端…

「自己管理がなってないよ!」はパワハラか?

「体調崩すのは自己管理がなってないからだよ!」 この言葉会社でよく聞きませんか? 私もよく言われました。   ところで、自己管理って…

仕組みで身体を動かそう

前の記事では、上手に疲れを抜いている人に共通した、3つのポイントの「2、疲労を見える化する」で使えるツール、「総合的な睡眠分析アプリとアラー…

疲労が見える最新ツール

前の記事では、上手に疲れを抜いている人に共通した、3つのポイントの「2、疲労を見える化する」についてお伝えしました。 1,自ら動く 2,…

神レベルの気配りが理想の上司の条件

前の記事では、上手に疲れを抜いている人に共通した、3つのポイントの「1、自ら動く」についてお伝えしました。 1,自ら動く 2,疲労を…

肩こり・腰痛で年間140万円の損!?

前の記事では、上手に疲れを抜いている人に共通した、次の3つのポイントがあることについてお伝えしました。 1,自ら動く 2,疲労を見え…

上手に疲れを抜く3つのポイント

前の記事では、 職場でともに働く仲間のカラダの状態をよく観察し、疲れが溜まっていそうなら、上手に疲れを抜くアドバイス、情報提供をすることが…

これからの”理想の上司”の条件とは

「理想の上司」とはどんな人でしょう。 明治安田生命の「理想の上司ランキング」で、2016年は上位に入ったのは次の方々です。 女性 …

仕事の出来は体調が9割

日本の多くの企業では、長時間労働による過労、心身の不調が問題になっています。 書店には、効率よく働くノウハウ、時間管理の手法、アイディア…

ページ上部へ戻る