© Body Mind Training Lab All rights reserved.

とっ散らかったアタマの整理と運動の関係

アタマの中がとっ散らかるときに、スッキリ片付けられそうな新しい方法を思いつきました。

超右脳派のワタクシは、よく、アタマの中がとっ散らかります。

思考の整理には、アタマの中にあることを書き出してみるとよいことに気づいてからは
ノートを用い、いろんなフレームを使って情報の整理を実施しています。

それでも、そもそも超右脳派なので、またいつのまにかアタマの中がとっ散らかってきます。
アタマの中がとっ散らかると、モノゴト前に進まなくなるのでどうにかしないといけないと思っているけどなかなか思ったようにはいきません。

そんなワタクシも最近は問題を解決できそうな方法にピンとくるようになったのです。

先日は、思考の整理術などとはまったく無関係の、マラソン本と片づけ本から思考整理のヒントを得ました。

一つはこの本です。
『マラソンは上半身が9割』細野史晃 (著)
http://ow.ly/dByZ309xo9g

この本は、ラクに速く走る方法が書かれている本です。
私は実際にこの本に書かれていることを実施して、驚くほど速く走れるようになりました。
マラソンのパフォーマンスをあげるという本来の目的では、私にとってホームラン本です。
さらに、この本のスゴイところは、森羅万象のホンシツに迫ることができそうな脳の使い方が書かているのです。
超右脳派の私にとっては、まさに目ウロコの思考整理術です。

少し紹介すると、著者は、思考はその広さ、深さ、速さ、キレイさの観点で整理するとよいと言っています。
そして、右脳と左脳を行ったり来たりしながら考えることが大事だということも書かれています。これ納得です。

そして、実際にちょっと思考を右脳と左脳を行ったり来たりさせてみると、偶然前に読んでいた本のことを思い出しました。

これです。
『人生がときめく片づけの魔法』近藤麻理恵 (著)
http://ow.ly/BtW7309xohB

この本はただの片付け本ではなく、
「片付けを通じて物事の本質に迫り、人生を充実させたらどうなのあなた?」
みたいなことが書かれていたように思います。
そしてたしかカテゴリー別に、持ってるものを整理して行く手順が書かれたように記憶しています。

で、私が思ったことは、すでに自分が持っている情報を、一つのカテゴリーごとに広げてそれを整理し、他のカテゴリーとの関連させつつ深めていく。
それを解釈し、アウトプットして振り返りつつ質を上げ、知恵に変える。
そして、常に新しい情報を集め、アップデートしていく。
ということをやればいいんじゃないのかなという仮説が立ちました。

こんなセレンディピティがあるのも、健康なカラダがあるおかげ。
それがあるのは、ある日、運動をすることを決めたから。

あなたもチャレンジしてみませんか?

=====================================================================
メルマガ「理想の上司はカラダファースト」
この記事のように、ともに働く仲間の心と身体の健康に役立つ情報を配信しています。
読者登録はこちらからどうぞ。
http://ow.ly/lHWs308S8nN
===================================================================

〈ライタープロフィール〉
清野秀之
株式会社リ・アライズ 代表取締役
OA機器販売会社、情報誌出版会社、Webシステム開発会社を経て、セールス・マーケティングコンサルタントとして独立。
40代はじめに仕事のストレスから体調を崩す。徒歩1キロさえ辛く心療内科に通院する、最悪の状態から生活習慣を改善。
49歳から始めたマラソンを始め3年でフルマラソン3時間52分22秒で完走するまで心身のパフォーマンスを改善。
その過程で、ビジネスでもっとも重要なことは、心身の健康とコミュニケーションスキルであることを実感。
「健康な身体と心づくり」と「健全なコミュニケーション」のためのサービスを提供している。

Copyright 2017 Re:Arise Inc. All rights reserved.

関連記事

こどものイジメをなくすために大人ができること

こどものイジメをなくすための絵本『鏡の中のぼく』の動画版が、 無料で、一般公開されました。 この物語で、世界中から『いじめ』『争い…

ハッキリ言えないことを引出す方法

日本人には奥ゆかしい人が多い。 「奥ゆかしい」には、「思っていることをハッキリ言わない」「控え目」という要素が含まれている。 奥ゆ…

朝おきて「会社に行きたくない」って思ってほしくないんですよね

「セブンルール #28 世界的ブランド「H&M」を影で支えるPRマネージャー!」 http://ow.ly/Ww7G30gx4MP…

人材育成に大切なこと

人材育成施策として、多くの企業では、上司が部下とマンツーマンで面談する機会が増えています。 人材育成には、日々のリアルな業務経験をもと…

想像力を養う方法

コミュニケーション力を上げる一つの方法は、他人の気持を察する想像力を養うことです。 想像力を養うひとつの方法は、縦横に立ち位置を変えて…

ページ上部へ戻る