© Body Mind Training Lab All rights reserved.

覇気がない仲間を1,000円で元気にする

「うちの部署、覇気がないやつが多いな〜…」

朝の挨拶、声が小さいし、ダルそうにしている仲間が多いと感じることはありませんか?

それは姿勢が悪いせいかもしれません。
PCやスマホの普及に伴い増えている、猫背や巻き肩、クビが前に出た姿勢。
こういう姿勢だと、見た目が良くないだけでなく、呼吸が浅くなり、身体に様々な不調が起きます。

呼吸はエネルギーを生成するために必要な酸素を血液中に取り込み、全身に送り、酸素を受け取った各細胞が代謝を行うことで発生する二酸化炭素を外に出すため行われます。

呼吸が浅くなると、体内に取り込む酸素の量が減少し、生命活動に必要なエネルギーを生み出せず、体がダルイ、疲れやすいといった症状を引き起こすわけです。
また、自律神経も乱れ、精神的な不調が起きることもあります。

オフィスでは、よい姿勢の維持を心がけたいですね。
正しい姿勢を維持すると、多くのメリットをもたらしてくれます。

・日常動作が楽にできる
・集中力が増す
・ストレス解消になる
・お腹が凹む
・スポーツのパフォーマンスが上がる
・健康寿命が伸びる

正しい姿勢を維持し、深い呼吸を行うための方法はYouTubeの動画や雑誌でたくさん紹介されていますので、参考にして実施してみましょう。

もっと手軽にやりたい方のために、ワタクシも実践している簡単な方法を紹介します。
それは、バランスクッションを椅子に置くことです。


バランスクッションの上に座ると、自然に骨盤が立ち、猫背になりにくいのです。
バランスクッショは、Amazonなどで1,000円前後で手に入ります。

ぜひオフィスで使ってみてください。

=====================================================================
メルマガ「理想の上司はカラダファースト」
この記事のように、ともに働く仲間の心と身体の健康に役立つ情報を配信しています。
読者登録はこちらからどうぞ。
http://ow.ly/lHWs308S8nN
===================================================================

〈ライタープロフィール〉
清野秀之
株式会社リ・アライズ 代表取締役
OA機器販売会社、情報誌出版会社、Webシステム開発会社を経て、セールス・マーケティングコンサルタントとして独立。
40代はじめに仕事のストレスから体調を崩す。徒歩1キロさえ辛く心療内科に通院する、最悪の状態から生活習慣を改善。
49歳から始めたマラソンを始め3年でフルマラソン3時間52分22秒で完走するまで心身のパフォーマンスを改善。
その過程で、ビジネスでもっとも重要なことは、心身の健康とコミュニケーションスキルであることを実感。
「健康な身体と心づくり」と「健全なコミュニケーション」のためのサービスを提供している。

Copyright 2017 Re:Arise Inc. All rights reserved.

関連記事

こどものイジメをなくすために大人ができること

こどものイジメをなくすための絵本『鏡の中のぼく』の動画版が、 無料で、一般公開されました。 この物語で、世界中から『いじめ』『争い…

ハッキリ言えないことを引出す方法

日本人には奥ゆかしい人が多い。 「奥ゆかしい」には、「思っていることをハッキリ言わない」「控え目」という要素が含まれている。 奥ゆ…

朝おきて「会社に行きたくない」って思ってほしくないんですよね

「セブンルール #28 世界的ブランド「H&M」を影で支えるPRマネージャー!」 http://ow.ly/Ww7G30gx4MP…

人材育成に大切なこと

人材育成施策として、多くの企業では、上司が部下とマンツーマンで面談する機会が増えています。 人材育成には、日々のリアルな業務経験をもと…

想像力を養う方法

コミュニケーション力を上げる一つの方法は、他人の気持を察する想像力を養うことです。 想像力を養うひとつの方法は、縦横に立ち位置を変えて…

ページ上部へ戻る