© Body Mind Training Lab All rights reserved.

言葉の共通認識と体力づくりは理想の上司の嗜み

今日の午後は重要な商談。
担当の部下と同行する。

朝一で商談の進め方について最終チェックをしていると、カンジンなことができていなかった。

「なんでもっと早く相談しなかったんだ!」

営業系の部署でよくある話です。

なぜこのようなことが起きるのか?
多くの場合それは思い込みです。

上司は、
「部下には大事なことは報告するように言ってある」
「だから大事なことは報告してくるはず」

と思っています。

部下は、
「上司から大事なことは報告するように言われている」
「だから大事なことは報告している」

一見、これで認識合ってますよね?

でも、これが大問題です。

なぜかというと、

上司のアタマの中の「大事なこと」と、部下のアタマの中の「大事なこと」は、まったく違うということです。

だからこのような問題が起きるわけです。
そして、「大事なこと」を定義して、共通認識となるまでこの類の問題は起こり続けるわけです。
ですから解決するには、「大事なこと」を具体的に定義することが重要です。

大事なことを聞いていなかった「つもり」の上司は、急いで提案書の修正を指示してもらわなければいけません。

待っている間は、イライラすることでしょう。
普段から精神的に安定していなければ、こういうときに、怒りが爆発してしまうかもしれません。

もし修正した資料が出来上がるのが、商談に間に合うかどうかの瀬戸際ギリギリになってしまったら。
そのような場合、道すがらダッシュしなければならない局面があるかもしれません。
そんなときに息切れしているようでは、商談に集中できなくなってしまいます。

そんなことにならないように、普段から運動を採り入れ、安定したココロと、逞しいカラダを作っておくことが、理想の上司のタシナミだと思うわけです。

=====================================================================

安定したココロをづくりに役立つ方法のひとつは、コーチングを学ぶことです。

コーチングの力は、自己信頼・他者信頼の土台の上で初めて発揮されます。

TCSのコーチングは、3つのステップで人に信頼される自分を確立していくプロセスをベースに自己実現・目標達成を目指すコーチングです。

 

 1、自分を信頼出来るコミュニケーション力がある

 ①自己信頼ベースを見直す

 ②心の重りを外す

 ③引力のある目標を設定する

 

2、人から信頼されるコミュニケーション力がある

 ①自分の内側のコミュニケーションを見直す

 ②自分が使う言葉を見直す

 ③視点の数を増やす

 

3、人をコーチングできるスキルがある

 ①質問の技術を学ぶ

 ②効果的な質問のつくり方を学ぶ

 ③効果的な質問をつくる3つのコツを学ぶ

 

 10年以上の実績と5,000人以上の第一線で活躍するビジネスパーソンに選ばれてきたコーチングブランドです。

国際コーチ連盟の資格を取得した、コーチ育成プログラムのトップトレーナーのコーチングノウハウがシンプルなテキストに凝縮されています。

詳細はこちらを御覧ください。

http://www.re-arise.com/program

 

=====================================================================
メルマガ「理想の上司はカラダファースト」
この記事のように、ともに働く仲間の心と身体の健康に役立つ情報を配信しています。
読者登録はこちらからどうぞ。
http://ow.ly/lHWs308S8nN
===================================================================

〈ライタープロフィール〉
清野秀之
株式会社リ・アライズ 代表取締役
OA機器販売会社、情報誌出版会社、Webシステム開発会社を経て、セールス・マーケティングコンサルタントとして独立。
40代はじめに仕事のストレスから体調を崩す。徒歩1キロさえ辛く心療内科に通院する、最悪の状態から生活習慣を改善。
49歳から始めたマラソンを始め3年でフルマラソン3時間52分22秒で完走するまで心身のパフォーマンスを改善。
その過程で、ビジネスでもっとも重要なことは、心身の健康とコミュニケーションスキルであることを実感。
「健康な身体と心づくり」と「健全なコミュニケーション」のためのサービスを提供している。

Copyright 2017 Re:Arise Inc. All rights reserved.

関連記事

こどものイジメをなくすために大人ができること

こどものイジメをなくすための絵本『鏡の中のぼく』の動画版が、 無料で、一般公開されました。 この物語で、世界中から『いじめ』『争い…

ハッキリ言えないことを引出す方法

日本人には奥ゆかしい人が多い。 「奥ゆかしい」には、「思っていることをハッキリ言わない」「控え目」という要素が含まれている。 奥ゆ…

朝おきて「会社に行きたくない」って思ってほしくないんですよね

「セブンルール #28 世界的ブランド「H&M」を影で支えるPRマネージャー!」 http://ow.ly/Ww7G30gx4MP…

人材育成に大切なこと

人材育成施策として、多くの企業では、上司が部下とマンツーマンで面談する機会が増えています。 人材育成には、日々のリアルな業務経験をもと…

想像力を養う方法

コミュニケーション力を上げる一つの方法は、他人の気持を察する想像力を養うことです。 想像力を養うひとつの方法は、縦横に立ち位置を変えて…

ページ上部へ戻る