© Body Mind Training Lab All rights reserved.

他部署のおせっかいは気にするな! 横やりを上手にかわす3つの方法

他部署のマネージャーである同僚が、
自分の部下のやることに口を出してくる。

部下は、それを聞かないわけにはいかないから、いちおう聞いてきますね。
そして、それが普段言われていることとは違っている。
どっちの言うことを聞いたらいいかわからず混乱している。

そんなことありませんか?

頭の回転が速い人は、いろんなことに気がつきます。
そして気付いたことは
「その場で注意するのが相手にとっていいこと」
と思っていることがあります。

だから、他部署の人であろうが同じ会社の仲間には遠慮なく注意します。
(昭和時代、近所の子どもが悪さをすると怒鳴りつけていたおじさんみたいなものです)

でもこれ、あながち間違いでもありません。
なぜなら、俯瞰して見れば、
誰が言おうと、それが部署にとっていいことならそれでOKだから。

でも、
これはいわゆる「出過ぎたこと」じゃないかと思います。
なぜなら、職場では指揮命令系統を守らないと混乱するから。

だからなんとかやめてもらいたいけど、なかなか言いにくい。

これをワタクシだったらどうするかというと、
こうします。

横槍を入れる同僚に

1,「うちの部下に、注意してくれてありがとう」と感謝を伝える

2,「さすが気が利くよね」と褒める

3,「でも、うちの部下だから今度は自分で言うよ」と言う

それでもまだ言ってくる場合、

1,視点を変えてみてもらう
「なぜ続けているのか」質問し、具体的にしていく

2,視座を変えてみてもらう
「あなたがワタシの立場だったらどう思う?」と質問する

3,視野を広げてみてもらう
「この状況を客観的に見たらどう見える?」と質問する

これで気付いてもらえることもあります。

「視点」は何の、どこを見ているか。

たとえば、

・何を問題にしているのかを見る
・なぜ問題なのかを考える
・表情や言葉、態度を見る

「視野」は、見ている範囲

たとえば、

・周りには誰がいたのか?
・どういう状況だったのか?
・言われる直前に、指摘されたことに関連するできごとがなかったのか?

「視座」は、どの立場、どの場所から見るか

たとえば、

・相手の立場からみたらどうか?
・社長や役員の立場から見たら?
・回りにいる社員の立場から見たら?

などの見方ができるように質問をすると、相手はいろんなことに気がつくと思います。

追伸
TCSコーチングBacicコース・Advanceコース
テーマ「心が折れそうな上司が、1日で頼れる理想の上司に変わる3つの言葉」
を開催します。
5月6日(土) 13:00〜16:00
http://eventregist.com/p/re-ariseivent
ワタクシTCS認定コーチ清野秀之が、「心・技・体」の3つの視点で、理想の上司になるための言葉を、自分の体験を織り交ぜながら進めます。
20年以上ビジネスの現場を体験し、多くのマネージメントを経験。
また、1キロも走れない状態で49歳からランニングを始め、フルマラソンを4時間切りで完走するまでの過程で得た、部下のマネージメントにも役立つ情報です。
ワタクシの実体験をナマナマしくお伝えします。
あなたも明日から「頼れる理想の上司」に変わるかも。
http://eventregist.com/p/re-ariseivent
=====================================================================
コーチングの力は、自己信頼・他者信頼の土台の上で初めて発揮されます。
TCSのコーチングは、3つのステップで人に信頼される自分を確立していくプロセスをベースに自己実現・目標達成を目指すコーチングです。

 1、自分を信頼出来るコミュニケーション力がある
①自己信頼ベースを見直す
②心の重りを外す
③引力のある目標を設定する

2、人から信頼されるコミュニケーション力がある
①自分の内側のコミュニケーションを見直す
②自分が使う言葉を見直す
③視点の数を増やす

3、人をコーチングできるスキルがある
①質問の技術を学ぶ
②効果的な質問のつくり方を学ぶ
③効果的な質問をつくる3つのコツを学ぶ

10年以上の実績と5,000人以上の第一線で活躍するビジネスパーソンに選ばれてきたコーチングブランドです。
国際コーチ連盟の資格を取得した、コーチ育成プログラムのトップトレーナーのコーチングノウハウがシンプルなテキストに凝縮されています。
対面、Skypeでも受講できます。
詳細はこちらを御覧ください。
http://www.re-arise.com/program
=====================================================================
メルマガ「理想の上司はカラダファースト」
この記事のように、ともに働く仲間の心と身体の健康に役立つ情報を配信しています。
読者登録はこちらからどうぞ。
http://ow.ly/lHWs308S8nN
===================================================================
〈ライタープロフィール〉
コドクな上司から頼れる上司になるための言葉を作る
ビジネスコミュニケーションコーチ。
清野秀之
株式会社リ・アライズ 代表取締役
OA機器販売会社、情報誌出版会社、Webシステム開発会社を経て、セールス・マーケティングコンサルタントとして独立。
40代はじめに仕事のストレスから体調を崩す。徒歩1キロさえ辛く心療内科に通院する、最悪の状態から生活習慣を改善。
49歳から始めたマラソンを始め3年でフルマラソン3時間52分22秒で完走するまで心身のパフォーマンスを改善。
その過程で、ビジネスでもっとも重要なことは、心身の健康とコミュニケーションスキルであることを実感。
「健康な身体と心づくり」と「健全なコミュニケーション」のためのサービスを提供している。
Copyright 2017 Re:Arise Inc. All rights reserved.

関連記事

ちゃんと話を聞いてほしい

誰でも話を聞いてほしいもの。 でも、聞いてもらえないことがありますよね。 わかります。 聞いてもらえない理由として、 相手…

何度もおなじことを言わずに済む方法

「これ、前にも言ったよね…」 何回言っても変わらない人いますよね。 何度も何度もおなじこと言わないといけないのはイライラしますよね…

頼られ上司は質問上手

よくある管理職の悩み。 「部下や後輩が相談に来ない」「もしかすると頼りないのかも…」 そんなときは、相談への対応を見直してみることをオススメ…

昨日ちょっと死んでみた

「死の体験旅行」というワークショップに参加した。 何かというと、 アメリカで医療従事者に向け、末期がんなど死に直面する患者の揺れ惑う…

うけこたえひとつで信頼度が3倍

会社で部下や後輩から何か質問をされて、 「あー、この質問をするってことは、たぶんこういうことをしたいんだな」 「でもそういう時に聞く…

ページ上部へ戻る