© Body Mind Training Lab All rights reserved.

独立起業は体力が9割

「らしくありませんね」
「こんなところでミスっちゃうなんて…」
「なんか最近疲れてませんか?」

つまらないミスを部下に指摘されてしまいました。

たしかに40歳を過ぎてから体力の衰えを感じているんです。
3年以内には独立起業したいのに、今からこんなことで大丈夫なのか不安なんですよね。

もし独立してから体調を崩して寝込むようなことがあったら家族を路頭に迷わせてしまう…
それを思うとなかなか独立への一歩を踏み出せないんです。
そんな不安ループから抜け出せずに、何年も時間をムダにしていました。

これは十数年前のわたしです。

結局どうしたのか?

わたしの場合、勤務していた会社の倒産が背中を押してくれました。
おかげで独立できましたが、不安は現実になりました。

体力をつけておかなかったために、いらぬ苦労をしました。

独立当初は、大変でした。
そもそも営業のことしか知らないわたしにとって、会社運営はまったくわからないことだらけ。

法務、財務、経理、
全部今までやったことがないことです。
しかも、苦手なことばかり。
でも全部覚えないといけないんです。
慣れないことですから、すぐに疲れて集中できず、時間がかかりました。

外出も増えます。
持ち歩く荷物も増えるんです。

当時TUMIのブリーフケース使っていたのですが、
あれは、カラでも重いんです。

ただでさえ重いのに、ノートPCやプレゼン資料を入れるとズッシリ。
ショルダーストラップを右肩にかけて歩いていました。
情けない話ですが、夕方になると、肩が痛くて上がらなくなるんです。
それでどうしたかというと、出張でもないのにいつもキャリーバッグを転がしていました。

これ、原因は体力がなかったこと。
ムカシかから運動が嫌いで体力がありませんでした。
どれくらい嫌いだったかというと
400m先のコンビニにわざわざクルマで行くほどでした。

とにかくいつも疲れていて、アタマはさえない状態でした。
そんな状態ですから、業績も振るわず。
疲弊して、ついには心療内科のお世話に。

そうなってわかったこと。
それは「独立起業は、体力がないと絶対に成功しない」ということです。
これが10年以上かけてたどり着いた答えです。

そんなワタシも今では、ひとり起業家として、自由に楽しく仕事をしています。

独立当初の倍以上の仕事をしていますが、疲れは当時の1/10程度しか感じません。

朝7:00に起きて毎朝部屋を掃除し、その後すぐに仕事に取り掛かります。
午前中のアタマがクリアなうちにブログ記事を書き、大事な仕事をやって、午後から比較的軽めの仕事をこなします。

夕食はだいたい18時頃にはすませて、20時ごろから10km程度のランニングを週2〜3回実施します。
その後また1〜2時間仕事をします。
でもまったく疲れません。

なぜでしょう?

運動をして体力をつけることに時間とお金を使ったからです。
今では独立当初とはまったく別次元の体力と健康な身体が手に入りました。
体力がつくと脳の働きもよくなります。
認知機能が上がり集中力がアップしますので、驚くほど効率がよくなります。
おかげで人生が楽しくなりました。

独立開業前に、運動の習慣をつけておけば、いらぬ遠回りをしなくて済んだのではないかと思っています。

わたしは遠回りしてしまいましたが、
これから独立起業する方に、参考にしてもらいたいのでお伝えしました。

参考になれば幸いです。

=====================================================================
メルマガ「理想の上司はカラダファースト」
この記事のように、ともに働く仲間の心と身体の健康に役立つ情報を配信しています。
読者登録はこちらからどうぞ。
http://ow.ly/lHWs308S8nN
===================================================================
コーチングの力は、自己信頼・他者信頼の土台の上で初めて発揮されます。
TCSのコーチングは、3つのステップで人に信頼される自分を確立していくプロセスをベースに自己実現・目標達成を目指すコーチングです。

 1、自分を信頼出来るコミュニケーション力がある
①自己信頼ベースを見直す
②心の重りを外す
③引力のある目標を設定する

2、人から信頼されるコミュニケーション力がある
①自分の内側のコミュニケーションを見直す
②自分が使う言葉を見直す
③視点の数を増やす

3、人をコーチングできるスキルがある
①質問の技術を学ぶ
②効果的な質問のつくり方を学ぶ
③効果的な質問をつくる3つのコツを学ぶ

10年以上の実績と5,000人以上の第一線で活躍するビジネスパーソンに選ばれてきたコーチングブランドです。
国際コーチ連盟の資格を取得した、コーチ育成プログラムのトップトレーナーのコーチングノウハウがシンプルなテキストに凝縮されています。
対面、Skypeでも受講できます。
詳細はこちらを御覧ください。
http://www.re-arise.com/program
〈ライタープロフィール〉
コドクな上司から頼れる上司になるための言葉を作る
ビジネスコミュニケーションコーチ。
清野秀之
株式会社リ・アライズ 代表取締役
OA機器販売会社、情報誌出版会社、Webシステム開発会社を経て、セールス・マーケティングコンサルタントとして独立。
40代はじめに仕事のストレスから体調を崩す。徒歩1キロさえ辛い最悪の状態から生活習慣を改善。
49歳から始めたマラソンを始め3年でフルマラソン3時間52分22秒で完走するまで心身のパフォーマンスを改善。
その過程で、ビジネスでもっとも重要なことは、心身の健康とコミュニケーションスキルであることを実感。
「健康な身体と心づくり」と「健全なコミュニケーション」のためのサービスを提供している。
Copyright 2017 Re:Arise Inc. All rights reserved.

関連記事

ちゃんと話を聞いてほしい

誰でも話を聞いてほしいもの。 でも、聞いてもらえないことがありますよね。 わかります。 聞いてもらえない理由として、 相手…

何度もおなじことを言わずに済む方法

「これ、前にも言ったよね…」 何回言っても変わらない人いますよね。 何度も何度もおなじこと言わないといけないのはイライラしますよね…

頼られ上司は質問上手

よくある管理職の悩み。 「部下や後輩が相談に来ない」「もしかすると頼りないのかも…」 そんなときは、相談への対応を見直してみることをオススメ…

昨日ちょっと死んでみた

「死の体験旅行」というワークショップに参加した。 何かというと、 アメリカで医療従事者に向け、末期がんなど死に直面する患者の揺れ惑う…

うけこたえひとつで信頼度が3倍

会社で部下や後輩から何か質問をされて、 「あー、この質問をするってことは、たぶんこういうことをしたいんだな」 「でもそういう時に聞く…

ページ上部へ戻る