© Body Mind Training Lab All rights reserved.

起業に体力が必要な理由

「いつかは会社から独立起業して夢を実現したい」

でも、

「最近体力が落ちた気がする」
「集中力、持続力もなくなってきた」
「これで起業してやっていけるだろうか?」
「それを考えると不安でなかなか踏み出せない」

もしあなたがそう思っているなら。
何か運動をはじめてみるといいかもしれません。

サラリーマンが一から事業を立ち上げるときは、想像を絶するパワーが必要です。
事業計画を立てることはもちろん、資金調達、広告宣伝、法務や経理の勉強も必要です。
休んでいるヒマなんて、ありません。

何が必要かというと、体力です。
体力がないと、すぐに疲れて認知機能が低下し、集中力・持久力がなくなってしまいます。
すると、力を最大限発揮することが出来ません。
当然、業績に影響します。

体力をつけるにはどうすればいいか?
それは運動です。
運動をすれば体力がつきます。

とはいえ、「ただでさえ忙しいのに運動なんかしている時間がない!」
という方が多いと思います。

しかし、それは違います。
運動しないから時間がなくなるのです。

運動の習慣をつけることで、身体と脳が活性化し、効率よく仕事ができるようになるわけです。

以前はわたしも運動の習慣がありませんでした。
当時は、疲れやすく集中力、持久力がまったくありませんでした。
日々疲れをリセットできないので、どんどん疲れがたまり、心療内科のお世話になるところまで追い込まれました。

ところが、週2〜3回5キロ程度のウォーキングをしただけで身体と心の状態がまったく変わりました。
疲れにくくなり、集中力・持久力も上がり、仕事の質が良くなり業績も向上しました。

「それはあなたの感覚だろ?」という方もいらっしゃると思います。
もちろんわたしの感覚ですが、それだけではありません。
科学的な根拠があります。

Googleで、「運動 健康 根拠」などのキーワードで検索してみてください。
その根拠がたくさん表示されますのでぜひご覧になってください。

30分程度有酸素運動をすると、その直後から学習機能、記憶機能、モチベーションがアップする。そして、継続的に運動することでシナプスのネットワークが増え、頭が良くなると言われています。

ぜひやってみてはいかがでしょうか。

=====================================================================
メルマガ「理想の上司はカラダファースト」
ビジネスパーソンの身体と心の健康に役立つ情報を配信しています。
読者登録はこちらからどうぞ。
http://ow.ly/lHWs308S8nN
===================================================================

関連記事

ちゃんと話を聞いてほしい

誰でも話を聞いてほしいもの。 でも、聞いてもらえないことがありますよね。 わかります。 聞いてもらえない理由として、 相手…

何度もおなじことを言わずに済む方法

「これ、前にも言ったよね…」 何回言っても変わらない人いますよね。 何度も何度もおなじこと言わないといけないのはイライラしますよね…

頼られ上司は質問上手

よくある管理職の悩み。 「部下や後輩が相談に来ない」「もしかすると頼りないのかも…」 そんなときは、相談への対応を見直してみることをオススメ…

昨日ちょっと死んでみた

「死の体験旅行」というワークショップに参加した。 何かというと、 アメリカで医療従事者に向け、末期がんなど死に直面する患者の揺れ惑う…

うけこたえひとつで信頼度が3倍

会社で部下や後輩から何か質問をされて、 「あー、この質問をするってことは、たぶんこういうことをしたいんだな」 「でもそういう時に聞く…

ページ上部へ戻る