© Body Mind Training Lab All rights reserved.

ない時間のつくりかた

運動する人を増やすことがワタクシのライフワークです。

ワタクシが一番嬉しいことは、
ワタクシのFacebookの投稿を見て、運動を始める人がひとりでも増えることです。
そのために体を張って1年に2回も3回もフルマラソンを走っているわけです。

なぜ?

運動していないおかげで、体調を崩し辛い思いをしたから。
それを運動で改善した体験があるからです。
「ワタクシの背中を見て、運動をはじめてくれる人が一人でも増えればいい」
そういう想いで辛いフルマラソンを毎年毎年やっているのです。

「余裕ですね!」って言われますけど、そんなわけはありません。
42.195キロなんて楽に走れるわけがありません。

見ている人が、「清野にできるんだから自分にもできるんじゃない?」
と思って何か運動をし始めるきっかけになればいいなと思ってやっているわけです。

今日は嬉しいことがありました。

Facebook友達であり、コーチ仲間である中野さんが、
こんな投稿をしてくれました。

***

「清野さんの影響で僕はあることを始めました。
それが、ジム通いです。

清野さんは気がつけば走ったり鍛えたりしています。
いつもとってもお仕事がお忙しそうなのに、
走ったり鍛えたり。

なんでそんな時間が取れるんだろう、
と思っていたのですが、
清野さんの書いた記事を読んでわかりました。

「時間がないから運動できない」
のではなくて
「運動しないから時間がない」

なんか、なんとなくうまくいかない時って、
もしかしたら因果関係を逆に捉えてしまっている時なのかもしれませんね。

***

「時間がないから運動できない」
「運動しないから時間がない」
というのは、ワタクシが言ったことではなく、モノノ本に書かれていたことです。
しかしながら、「まったくそのとおりだ」と思ったので、勝手にこの言葉の伝道師になりました。

それを見てジム通いをする人が増えれば、それでいいと思います。

きっかけは、
「腹が出たから凹ませたい」
「マッチョになってビーチで目立ちたい」
「肩こりや腰痛を楽にしたい」

なんでもいいのです。

とにかく運動するだけで、
時間もできるし、
体力も上がるし、
かっこいい体にもなるし、
他人との関係もよくなるし、
仕事の質も良くなるのですから。

あなたもぜひ!

=====================================================================
メルマガ「理想の上司はカラダファースト」
ビジネスパーソンの身体と心の健康に役立つ情報を配信しています。
読者登録はこちらからどうぞ。
http://ow.ly/lHWs308S8nN
===================================================================

関連記事

こどものイジメをなくすために大人ができること

こどものイジメをなくすための絵本『鏡の中のぼく』の動画版が、 無料で、一般公開されました。 この物語で、世界中から『いじめ』『争い…

ハッキリ言えないことを引出す方法

日本人には奥ゆかしい人が多い。 「奥ゆかしい」には、「思っていることをハッキリ言わない」「控え目」という要素が含まれている。 奥ゆ…

朝おきて「会社に行きたくない」って思ってほしくないんですよね

「セブンルール #28 世界的ブランド「H&M」を影で支えるPRマネージャー!」 http://ow.ly/Ww7G30gx4MP…

人材育成に大切なこと

人材育成施策として、多くの企業では、上司が部下とマンツーマンで面談する機会が増えています。 人材育成には、日々のリアルな業務経験をもと…

想像力を養う方法

コミュニケーション力を上げる一つの方法は、他人の気持を察する想像力を養うことです。 想像力を養うひとつの方法は、縦横に立ち位置を変えて…

ページ上部へ戻る