© Body Mind Training Lab All rights reserved.

続かない運動の続け方

「わたし薬飲みたくないし、運動もしたくないんですけど、このまま放っといたらどうなるんですか?」

「んー」
「動脈硬化が進んで、最悪脳卒中とか心筋梗塞で突然死することもありますね」
「突然死なないで寝たきりになったりするとまた大変です」

このハナシ、怖くないですか?

何の話かというと、血液検査で中性脂肪の値が高かったときの、お医者さんとワタクシの会話でです。

ワタクシこれをきっかけに、運動して痩せる決意をしました。
当時ワタクシの体重は、68kgくらいあったような気がします。
ワタクシの身長だと、適正体重は54kgくらい。
そのギャップなんと14kgです。
明らかに肥満でした。

このギャップを埋めるために何をはじめたかというと、Pilatesです。
でも、Pilatesだけで14kgダイエットすることは不可能です。
なぜなら、Pilatesの消費カロリーは、それだけで人が痩せるほどではないからです。
Pilatesスタジオに入会したあと、インストラクターからこう言われました。

「Pilatesでは、痩せやすい身体にはなるけど、Pilatesだけで痩せるのはまずムリです」

でも結果オーライでした。

どういうことか?

ワタクシは、「ならばもっと動いてやる!」と意地になって、ウォーキングを開始したわけです。
週2〜3回、5km程度のウォーキングです。
大した距離ではありませんが、
当時のワタクシにはキツいエクササイズでした。
なぜなら、まったく運動していなかったので、生きていくために最低限の筋肉しかなかったから。

それに、整形外科では、
「膝軟骨がすり減ってます」と言われ、膝によくわからない物質を注入されていたのです。

それほどポンコツでしたので、いきなりウォーキングをはじめていたら身体のどこかに異常が出て続いていなかったと思います。
先にPilatesをはじめてよかったと思っています。

なぜならPilatesをやることで、骨格を正しい位置に戻し、骨格に近い筋肉を強化して正しい姿勢を維持できるようになっていくから。

そういう状態を作ってから、ウォーキングを開始し、徐々に負荷を上げてランニングに移っていくステップを踏んだから体を痛める事なく継続出来ているのではないかと思います。

もし、まったく運動していないのに、突然キツい負荷の運動をしてしまうと、
せっかく運動をはじめたけど怪我をしてやめてしまった。
どこかが痛くて続けられなくなったということになってしまうのだと思います。

モノゴトには順番があります。

強固な土台がないと、災害に強い建物が建たないように、
身体も骨格や筋肉という土台を強固にすること先決だと思います。

その結果どんどん強い負荷をかけられるようになるということ。
これが運動を継続する秘訣の一つだと思います。

=====================================================================
メルマガ「理想の上司はカラダファースト」
ビジネスパーソンの身体と心の健康に役立つ情報を配信しています。
読者登録はこちらからどうぞ。
http://ow.ly/lHWs308S8nN
===================================================================

関連記事

こどものイジメをなくすために大人ができること

こどものイジメをなくすための絵本『鏡の中のぼく』の動画版が、 無料で、一般公開されました。 この物語で、世界中から『いじめ』『争い…

ハッキリ言えないことを引出す方法

日本人には奥ゆかしい人が多い。 「奥ゆかしい」には、「思っていることをハッキリ言わない」「控え目」という要素が含まれている。 奥ゆ…

朝おきて「会社に行きたくない」って思ってほしくないんですよね

「セブンルール #28 世界的ブランド「H&M」を影で支えるPRマネージャー!」 http://ow.ly/Ww7G30gx4MP…

人材育成に大切なこと

人材育成施策として、多くの企業では、上司が部下とマンツーマンで面談する機会が増えています。 人材育成には、日々のリアルな業務経験をもと…

想像力を養う方法

コミュニケーション力を上げる一つの方法は、他人の気持を察する想像力を養うことです。 想像力を養うひとつの方法は、縦横に立ち位置を変えて…

ページ上部へ戻る