© Body Mind Training Lab All rights reserved.

なぜダイエットに成功する人は体重を見ないのか

「なにこれ、カエルみたい!」
「ワタクシ、知らないうちにこんなに太ってたんだ!」

そして、
ダイエットのために、ウォーキングを開始し、
自宅で腕立てや腹筋、スクワットもやり始めた。
Pilatesもやっている。

1ヶ月位続けたけど体重が減りませんでした。

ワタクシの目的は、「痩せる」こと。

痩せたいのに体重が減らない!
効果が出ないからやめたくなりました。
数字に現れないと実感がありません。

運動の量が足りないのか?
でも、これ以上動きたくないし、時間もない。。。

ってモヤモヤしていました。
でも、実はこれ効果でていたんです。
見る数値を間違えていただけでした。

どういうことかというと、

ある人から、質問されました。
「体脂肪率見てます?」
「ダイエットの効果はそっち見ないとわかりませんよ」

「なるほど!」

見るべき数値は、「体重」ではなく、「体脂肪率」だったんですね。

なぜでしょう?

筋肉は、脂肪より重いからです。

有酸素運動をして脂肪が落ちて、筋肉が増えているわけですから、
体重はなかなか減りません。

とくに初期はそうでした。
だからここで、体重だけを見て、「効果がない」と思いこんでしまい、
やめてしまうと非常にもったいない。
ということです。

体重だけを見ていると、脂肪を落とすことに意識が向きます。
一方、体脂肪率を見ていると、筋肉をつけることに意識が向きます。

すると、おかしな痩せ型ではなく、筋肉を増やしながら引き締まったカラダを手に入れることができるということですね。

「見るべき数値を間違えていた」

ひとつそういうことに気づくと、仕事でも、見るべき指標が違っていたとかそういうことに気づくことがありますね。

たとえば、集客数を増やすことに集中していたけど、実は案件化率を上げないとダメだったとか。
そういうことにも気づくことが出来ました。

=====================================================================
メルマガ「理想の上司はカラダファースト」
ビジネスパーソンの身体と心の健康に役立つ情報を配信しています。
読者登録はこちらからどうぞ。
http://ow.ly/lHWs308S8nN
===================================================================

関連記事

こどものイジメをなくすために大人ができること

こどものイジメをなくすための絵本『鏡の中のぼく』の動画版が、 無料で、一般公開されました。 この物語で、世界中から『いじめ』『争い…

ハッキリ言えないことを引出す方法

日本人には奥ゆかしい人が多い。 「奥ゆかしい」には、「思っていることをハッキリ言わない」「控え目」という要素が含まれている。 奥ゆ…

朝おきて「会社に行きたくない」って思ってほしくないんですよね

「セブンルール #28 世界的ブランド「H&M」を影で支えるPRマネージャー!」 http://ow.ly/Ww7G30gx4MP…

人材育成に大切なこと

人材育成施策として、多くの企業では、上司が部下とマンツーマンで面談する機会が増えています。 人材育成には、日々のリアルな業務経験をもと…

想像力を養う方法

コミュニケーション力を上げる一つの方法は、他人の気持を察する想像力を養うことです。 想像力を養うひとつの方法は、縦横に立ち位置を変えて…

ページ上部へ戻る