© Body Mind Training Lab All rights reserved.

子育ても体力が9割

最近ワタクシのTacebookの投稿を見て、
運動を始めたという人が増えている。
嬉しいことだ。

昨日も一緒にランチをした人が、
ワタクシの投稿を見て筋トレを始めたと言ってくれた。
ワタクシはこれが何よりうれしい。

理由を聞いてみたところ、最近お子さんが産まれ、子育てに体力が要るからという。
確かに子育ては体力がいると思う。
ぜひ体力をつけてほしい。

ワタクシには子がいない。
時々甥や姪の面倒を見ただけだから、
子育てのホントの大変さはわかっていない。

ただ、時々でもけっこう大変だったので、
四六時中子育てしている人がどれだけ大変かは
想像すればなんとなくわかる。

抱っこする、おむつ取り替える、何か飲ませる、様子見てる、あやす、泣いた見に行く
これだけでも相当体力を使う。
2人も同時に育てている人を見ると、尊敬するばかりだ。

ちょっと話は変わるが、
実はワタクシ子どもと遊ぶことは好きか嫌いかというと、好きな部類だ。
こう見えて案外、子どもの扱いがうまい。

初対面の子どもはだいたい泣くが、半日も一緒にいるとまるでホントの子のようになつく。(個人差あり)

筋トレやランニングをする前と後では、姪たちとの遊び方が変わった。

運動する前は、子どもが走ったら追いかけることはムリだった。
抱っこすると腰が痛くなって大変だった。
「ブランコを後ろから押せ」と言われるのがイヤでブランコは避けて通っていた。
「カタグルマしろ」と言われると、死んだふりをしていた。

筋トレやランニングを始めてからは、

一緒にスケボーもできるし、
スケートにも連れていけるようになった。
走っても絶対負けない。
お姫様抱っこをして、さらにそのまま3回転できるようになった。
カタグルマして走れるようになった。
一緒にダンスもできるようになった。

もしこれが自分の子だったら、
「お父さんすごい!」
などと言われて、ニンマリできるのではないだろうか?
と妄想するだけでもニンマリできる。

そういうときにも、「運動していてよかった」と思う。

あなたもぜひ!

=====================================================================
メルマガ「理想の上司はカラダファースト」
ビジネスパーソンの身体と心の健康に役立つ情報を配信しています。
読者登録はこちらからどうぞ。
http://ow.ly/lHWs308S8nN
===================================================================

関連記事

こどものイジメをなくすために大人ができること

こどものイジメをなくすための絵本『鏡の中のぼく』の動画版が、 無料で、一般公開されました。 この物語で、世界中から『いじめ』『争い…

ハッキリ言えないことを引出す方法

日本人には奥ゆかしい人が多い。 「奥ゆかしい」には、「思っていることをハッキリ言わない」「控え目」という要素が含まれている。 奥ゆ…

朝おきて「会社に行きたくない」って思ってほしくないんですよね

「セブンルール #28 世界的ブランド「H&M」を影で支えるPRマネージャー!」 http://ow.ly/Ww7G30gx4MP…

人材育成に大切なこと

人材育成施策として、多くの企業では、上司が部下とマンツーマンで面談する機会が増えています。 人材育成には、日々のリアルな業務経験をもと…

想像力を養う方法

コミュニケーション力を上げる一つの方法は、他人の気持を察する想像力を養うことです。 想像力を養うひとつの方法は、縦横に立ち位置を変えて…

ページ上部へ戻る