© Body Mind Training Lab All rights reserved.

視点の数を増やすだけで肩こりも改善?

視点の数を増やすと、肩こりも改善できるかもしれないという話です。
しかしこれは、ワタクシの主観です。
根拠はありませんし、誰でも同じように感じるかというとおそらくそれはありません。
そのあたりをお含みおきください。

昨日まで神宮前のワタリウム美術館で行われていた、
『Ryuichi Sakamoto | async 坂本龍一 | 設置音楽展』
に行ってきました。
http://ow.ly/rBjC30c7hZr

会場2Fで行われていた、「async」による5.1インチのサウンドインスタレーションがとにかく、えもいわれぬ心地よさ。
メインフロアに設置された、6個のスピーカーで音が空間的に配置され、8台のモニターで映像が映し出されたいたわけです。

椅子に座り、およそ一時間ほど楽曲を鑑賞したわけですが、
その間、8台のモニターで、映像を観ながら、自分の肩の筋肉がほぐれていくイメージを思い浮かべたわけです。

なぜかというと、映像の中に、何かの繊維がほぐれていくことを連想させるようなものがあったからです。
そこから筋繊維がほぐれていくところをイメージしてみました。

すると、肩周りから「ピキッ」という音が聞こえたような気がします。
これはおそらく、トレーニングするときに、鍛えたい場所を意識すると、その場所に効果的であるというのと同じ理屈と同じではないかと思いました。

そして外に出てから、なんとなく肩が軽くなったような気がしたのです。
もしかすると、リラックスできる音楽を聞きながら、肩など身体残った部分がほぐれることをイメージするだけで、こりがほぐれることがあるのかもしれません。
(あくまでもワタクシの感想です。)

何がいいたいのかというと、一つの事実から、発想を広げることが大事だよねということです。
観た映像は、ピアノの鍵盤が細い線になって分解されていく映像。
そこから筋繊維がほぐれていくことを連想したわけです。
その結果肩こりがほぐれたような気分になれたわけですからそれはそれで得したという事実があります。

このように視点の数を増やすことで得られる効果はたくさんあると思うわけです。

その後神宮前から皇居近くのランステまで歩き、
皇居外周を2周ほどランニングしました。

こちらは腕を振って肩周りを動かし、血行がよくなりますので、
間違いなくこりをほぐす効果があります。

歩くだけでも効果があります。
肩こりでお悩みの方はぜひお試しください。

===============================

視点の数を増やすこともコーチングの役割です。

TCSコーチング

BASICコース
ADVANCEコース

あなたの都合に合わせて受講できます。
受講申し込みはこちら。
http://www.re-arise.com/program
===============================

◆ライタープロフィール◆

ビジネスコミュニケーションコーチ
株式会社リ・アライズ 代表取締役
OA機器販売会社、情報誌出版会社、Webシステム開発会社を経て、セールス・マーケティングコンサルタントとして独立。
40代はじめに仕事のストレスから体調を崩す。徒歩1キロさえ辛い最悪の状態から生活習慣を改善。49歳から始めたマラソンを始め3年でフルマラソン3時間52分22秒で完走するまで心身のパフォーマンスを改善。
その過程で、ビジネスでもっとも重要なことは、心身の健康とコミュニケーションスキルであることを実感。
「健康な身体と心づくり」と「健全なコミュニケーション」のためのサービスを提供している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright 2017 Re:Arise Inc. All rights reserved.

◎働く人の体と心の健康を応援する
 メディア「いい会社」http://www.re-arise.co.jp/
◎ウェブサイト : http://www.re-arise.co.jp
◎Facebook : https://www.facebook.com/seinohideyuki
◎メールアドレス : info@re-arise.co.jp

関連記事

ちゃんと話を聞いてほしい

誰でも話を聞いてほしいもの。 でも、聞いてもらえないことがありますよね。 わかります。 聞いてもらえない理由として、 相手…

何度もおなじことを言わずに済む方法

「これ、前にも言ったよね…」 何回言っても変わらない人いますよね。 何度も何度もおなじこと言わないといけないのはイライラしますよね…

頼られ上司は質問上手

よくある管理職の悩み。 「部下や後輩が相談に来ない」「もしかすると頼りないのかも…」 そんなときは、相談への対応を見直してみることをオススメ…

昨日ちょっと死んでみた

「死の体験旅行」というワークショップに参加した。 何かというと、 アメリカで医療従事者に向け、末期がんなど死に直面する患者の揺れ惑う…

うけこたえひとつで信頼度が3倍

会社で部下や後輩から何か質問をされて、 「あー、この質問をするってことは、たぶんこういうことをしたいんだな」 「でもそういう時に聞く…

ページ上部へ戻る