© Body Mind Training Lab All rights reserved.

嫉妬するほど部署がまとまるたったひとつの方法

「おい、この資料数字間違ってるよ!」

「え!」
「数字は元の資料のままですよ!」「私が間違えたとでも?」

見ていてハラハラする部下同士のトラブル。
これほうっておくと、そのうち大きなもめごとが起きる恐れがありますね。

ワタクシが勤め人だったころには、
相当コジレて、どちらかが辞めてしまうということもありました。

ツマラナイことで職場の空気が悪くなり、
他のスタッフまで士気が下がり業績も下がる何ていうことは避けたいですよね。

1日も早く、部下同士が協力して、期待以上の成果を上げてくる体制を作りたいものです。

実を言うとそんなたったひとつの方法があるのです。

それは、コミュニケーションを学ぶことです。
多くの人はコミュニケーションができる前提でいます。
しかし、多く人は、人と信頼関係を構築するためのコミュニケーションができていません。

なぜか?

それは、コミュニケーションを学んでいないから。
会社でコミュニケーションを学ぶ機会を作れば、部下どうした協力して期待以上の成果を上げてくる体制ができる可能性が高いのです。

ワタクシのメルマガでは、社内のコミュニケーション改善に役立つ情報を配信しています。

読者登録はこちらからぞうぞ!
http://www.re-arise.co.jp/mailmagazine/

◆ライタープロフィール◆

ビジネスコミュニケーションコーチ
株式会社リ・アライズ 代表取締役
OA機器販売会社、情報誌出版会社、Webシステム開発会社を経て、セールス・マーケティングコンサルタントとして独立。
40代はじめに仕事のストレスから体調を崩す。徒歩1キロさえ辛い最悪の状態から生活習慣を改善。49歳から始めたマラソンを始め3年でフルマラソン3時間52分22秒で完走するまで心身のパフォーマンスを改善。
その過程で、ビジネスでもっとも重要なことは、心身の健康とコミュニケーションスキルであることを実感。
「健康な身体と心づくり」と「健全なコミュニケーション」のためのサービスを提供している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎働く人の体と心の健康を応援する
 メディア「いい会社」http://iikaisha.re-arise.co.jp/
◎ウェブサイト : http://www.re-arise.co.jp
◎Facebook : https://www.facebook.com/seinohideyuki
◎メールアドレス : info@re-arise.co.jp

関連記事

ちゃんと話を聞いてほしい

誰でも話を聞いてほしいもの。 でも、聞いてもらえないことがありますよね。 わかります。 聞いてもらえない理由として、 相手…

何度もおなじことを言わずに済む方法

「これ、前にも言ったよね…」 何回言っても変わらない人いますよね。 何度も何度もおなじこと言わないといけないのはイライラしますよね…

頼られ上司は質問上手

よくある管理職の悩み。 「部下や後輩が相談に来ない」「もしかすると頼りないのかも…」 そんなときは、相談への対応を見直してみることをオススメ…

昨日ちょっと死んでみた

「死の体験旅行」というワークショップに参加した。 何かというと、 アメリカで医療従事者に向け、末期がんなど死に直面する患者の揺れ惑う…

うけこたえひとつで信頼度が3倍

会社で部下や後輩から何か質問をされて、 「あー、この質問をするってことは、たぶんこういうことをしたいんだな」 「でもそういう時に聞く…

ページ上部へ戻る