© Body Mind Training Lab All rights reserved.

心が折れやすい人、折れにくい人

心が折れやすい人、折れにくい人がいます。

何があっても淡々と進む人。
諦めてしまう人。

近年、心が折れやすい人が増えていると言われています。
理由の一つは、人が孤独感を感じやすい環境に置かれやすくなっていることがあります。

・孤独感、悩みを抱えて折れそうなことろでギリギリ頑張っている人
・PCに向かって淡々と仕事をする人
・壁にあたっても、何が何でも自力で乗り越えてやろうという人

そんな状況にある人が増えているというのです。

心が折れると何かを諦めてしまう傾向があるようです。

諦めやすい人の行動の特徴は、

・感情の起伏が激しい
一つ一つの結果に、うまく行ったら喜んで、うまくいかないと落胆する。
いちいちリアクションするからエネルギーを消耗する。
・「こういうのはムリ」と自分の能力を過小評価している

ということがあるようです。

一方心が折れにくい人の特徴は。

自己肯定感、自己効力感が高いこと。
「失敗」ととらえず、仮説検証を行いながら、いつかできると信じて淡々と進められること。

鋼のように、逆境をはねのける頑丈な心というよりは、楽観的に状況を楽しめる柔軟な心を持っているといわれています。

心が折れやすいと、
・結果ばかりに目が行って、目先の事実にとらわれてしまい、大局を見失う。
「やっぱりだめなんだ」と思う気持ちがさらに心を折れやすくする。

内向きになって、自分の世界に閉じこもってしまう。
周りからの支援が得られないので更に弱くなる。

できない自分に自己嫌悪感を持つ。さらに自己肯定感が下がる。
やりたくなくなる。
すぐ諦めるという悪循環に陥りがち。

障壁を乗り越え仕事に前向きに取り組み、成果を出す人がいます。
そういう折れにくい心は「レジリエンス」と言われています。
逆境力とも言いかえられます。

逆境力を決める要素は次の5つと言われています。

1,感情のコントロール
2,自尊感情
3,自己効力感
4,楽観性
5,人間関係

これらを強化することが折れない心をつくり、レジリエンスを高めることに繋がります。

そのためには、コーチングを学ぶことも有益です。
なぜなら、この5つをすべて高めることができるからです。

1,感情のコントロール
他人も自分も大切にする(アサーティブネスな)コミュニケーションを学ぶ

2,自尊感情
自己信頼ベースを見直し、高めることができる。
自己信頼感は、すべてのベースとなる。

3,自己効力感
他人とのコミュニケーションを見直し、コミュニケーション力を高める。
他人から信頼を得ることができるので自己効力感が高まる。

4,楽観性
目的、目標を明確にして、そこに向かう障壁を外す。
目の前の結果に一喜一憂しなくなる。

5,人間関係
周囲の人との関係性を見直す。
どのような人間関係を構築すればよいかを検討するプロセスがある。
相手を尊重して、自分の考えを押し付けない思考パターンができる。

自分とのコミュニケーションを見直し、自己肯定感を高め、他人との信頼を深めていく。
目的、目標を明確にする。
そして、やるべきことを淡々とやる。
結果を振り返って冷静に次の手を講じる。
それを繰り返すことが折れない心を作ります。

==================================

TCSトラストコーチング BASIC・ASVANCEコース、随時受講者募集しております。
法人での社員のコミュニケーション研修としても活用されています。
経産省職員のトレーニングプログラムとしても導入されています。

【日程】
日程はご都合に合わせて調整いたします。

【会場】
TENOHA代官山
東京都渋谷区代官山町20−23

【料金】
BASIC講座        21,600円
ADVANCE講座       32,400円
BASIC・ADVANCEセット 54,000円

【申込方法】
こちらのフォームからお申し込みください。
http://www.re-arise.com/program

—————————————————————————————

◆ライタープロフィール◆

ビジネスコミュニケーションコーチ
株式会社リ・アライズ 代表取締役
OA機器販売会社、情報誌出版会社、Webシステム開発会社を経て、セールス・マーケティングコンサルタントとして独立。
40代はじめに仕事のストレスから体調を崩す。徒歩1キロさえ辛い最悪の状態から生活習慣を改善。
49歳から始めたマラソンを始め3年でフルマラソン3時間52分22秒で完走するまで心身のパフォーマンスを改善。
その過程で、ビジネスでもっとも重要なことは、心身の健康とコミュニケーションスキルであることを実感。
「健康な身体と心づくり」と「健全なコミュニケーション」のためのサービスを提供している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎働く人の体と心の健康を応援する
 メディア「いい会社」http://iikaisha.re-arise.co.jp/
◎コーチング: http://www.re-arise.com
◎Facebook : https://www.facebook.com/seinohideyuki
◎メールアドレス : info@re-arise.co.jp

関連記事

ちゃんと話を聞いてほしい

誰でも話を聞いてほしいもの。 でも、聞いてもらえないことがありますよね。 わかります。 聞いてもらえない理由として、 相手…

何度もおなじことを言わずに済む方法

「これ、前にも言ったよね…」 何回言っても変わらない人いますよね。 何度も何度もおなじこと言わないといけないのはイライラしますよね…

頼られ上司は質問上手

よくある管理職の悩み。 「部下や後輩が相談に来ない」「もしかすると頼りないのかも…」 そんなときは、相談への対応を見直してみることをオススメ…

昨日ちょっと死んでみた

「死の体験旅行」というワークショップに参加した。 何かというと、 アメリカで医療従事者に向け、末期がんなど死に直面する患者の揺れ惑う…

うけこたえひとつで信頼度が3倍

会社で部下や後輩から何か質問をされて、 「あー、この質問をするってことは、たぶんこういうことをしたいんだな」 「でもそういう時に聞く…

ページ上部へ戻る