© Body Mind Training Lab All rights reserved.

コミュニケーションは距離感が9割

ひととの距離感には、いい距離感と、そうでもない距離感があります。

いい距離感とは、自分に許されたスペースの中に収まっていること。
そうでもない距離感とは、自分に許されたスペースから出ること。

自分に許されたスペースから出るというのは、おせっかいや詮索すること。
自分の解釈を押し付けることもそうかもしれません。

「普通はこうだよね」とか
「それ常識だよね」とか
「こうした方がいいよ」とか
「これしかないでしょ」とか
「◯◯しなくちゃダメ」とか

そういうことも入ると思います。

香水つけすぎとか、場違いな服装とか、ムダに大きい声とか

わたくしは、そういうことも入れておいてます。

いい距離感の人は、一瞬にして、相手にとって心地いい距離感がわかります。
これはを培うには、試行錯誤してカラダで覚えるしかないと思います。

そして、相手にとって心地良い距離感を理解しようとする時には、
「ひとと自分は、おおむねぜんぶ違う」と思っていたほうがいいと思います。

心地いいひととの距離感をつかむ読書会を開催します。
「心に響くコミュニケーション」を考える読書会
http://ow.ly/wXbT30epIQk

==================================

TCSトラストコーチング BASIC・ASVANCEコース、随時受講者募集しております。
法人での社員のコミュニケーション研修としても活用されています。
経産省職員のトレーニングプログラムとしても導入されています。

【日程】
日程はご都合に合わせて調整いたします。

【会場】
TENOHA代官山
東京都渋谷区代官山町20−23

【料金】
BASIC講座   21,600円
ADVANCE講座  32,400円
BASIC・ADVANCEセット 54,000円

【申込方法】
こちらのフォームからお申し込みください。
http://www.re-arise.com/program

—————————————————————————————
◆ライタープロフィール◆

ビジネスコミュニケーションコーチ
株式会社リ・アライズ 代表取締役

清野 秀之

・TCSトラストコーチング 認定コーチ
http://www.re-arise.com/

・一般社団法人Read For Action協会
認定リーディングファシリテーター
https://www.read4action.com/facilitator/detail/?id=2749

ITを活用したEC業務効率化による職場環境の改善、コーチングを用いた快適な職場の構築、社員の健康増進のサービスを提供している。

 

【略歴】
大手情報誌出版社で求人情報誌・フリーペーパー広告営業を担当。
Webシステム開発会社地域ポータルサイトFC事業部長を経て、2007年セールス・マーケティングコンサルタントとして独立。
売れる営業の仕組みを作り、特に営業部門の問題を解決し、風通しがよい職場づくりに貢献。
趣味はマラソン。自己ベスト3時間52分22秒(さいたま国際マラソン2016)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎働く人の体と心の健康を応援する
メディア「Body Mind Training Lab」http://bmtl.re-arise.co.jp/
◎ウェブサイト : http://www.re-arise.co.jp
◎Facebook : https://www.facebook.com/seinohideyuki
◎メールアドレス : info@re-arise.co.jp

関連記事

ちゃんと話を聞いてほしい

誰でも話を聞いてほしいもの。 でも、聞いてもらえないことがありますよね。 わかります。 聞いてもらえない理由として、 相手…

何度もおなじことを言わずに済む方法

「これ、前にも言ったよね…」 何回言っても変わらない人いますよね。 何度も何度もおなじこと言わないといけないのはイライラしますよね…

頼られ上司は質問上手

よくある管理職の悩み。 「部下や後輩が相談に来ない」「もしかすると頼りないのかも…」 そんなときは、相談への対応を見直してみることをオススメ…

昨日ちょっと死んでみた

「死の体験旅行」というワークショップに参加した。 何かというと、 アメリカで医療従事者に向け、末期がんなど死に直面する患者の揺れ惑う…

うけこたえひとつで信頼度が3倍

会社で部下や後輩から何か質問をされて、 「あー、この質問をするってことは、たぶんこういうことをしたいんだな」 「でもそういう時に聞く…

ページ上部へ戻る