© Body Mind Training Lab All rights reserved.

コミュニケーションは距離感が9割

ひととの距離感には、いい距離感と、そうでもない距離感があります。

いい距離感とは、自分に許されたスペースの中に収まっていること。
そうでもない距離感とは、自分に許されたスペースから出ること。

自分に許されたスペースから出るというのは、おせっかいや詮索すること。
自分の解釈を押し付けることもそうかもしれません。

「普通はこうだよね」とか
「それ常識だよね」とか
「こうした方がいいよ」とか
「これしかないでしょ」とか
「◯◯しなくちゃダメ」とか

そういうことも入ると思います。

香水つけすぎとか、場違いな服装とか、ムダに大きい声とか

わたくしは、そういうことも入れておいてます。

いい距離感の人は、一瞬にして、相手にとって心地いい距離感がわかります。
これはを培うには、試行錯誤してカラダで覚えるしかないと思います。

そして、相手にとって心地良い距離感を理解しようとする時には、
「ひとと自分は、おおむねぜんぶ違う」と思っていたほうがいいと思います。

心地いいひととの距離感をつかむ読書会を開催します。
「心に響くコミュニケーション」を考える読書会
http://ow.ly/wXbT30epIQk

==================================

TCSトラストコーチング BASIC・ASVANCEコース、随時受講者募集しております。
法人での社員のコミュニケーション研修としても活用されています。
経産省職員のトレーニングプログラムとしても導入されています。

【日程】
日程はご都合に合わせて調整いたします。

【会場】
TENOHA代官山
東京都渋谷区代官山町20−23

【料金】
BASIC講座   21,600円
ADVANCE講座  32,400円
BASIC・ADVANCEセット 54,000円

【申込方法】
こちらのフォームからお申し込みください。
http://www.re-arise.com/program

—————————————————————————————
◆ライタープロフィール◆

ビジネスコミュニケーションコーチ
株式会社リ・アライズ 代表取締役

清野 秀之

・TCSトラストコーチング 認定コーチ
http://www.re-arise.com/

・一般社団法人Read For Action協会
認定リーディングファシリテーター
https://www.read4action.com/facilitator/detail/?id=2749

ITを活用したEC業務効率化による職場環境の改善、コーチングを用いた快適な職場の構築、社員の健康増進のサービスを提供している。

 

【略歴】
大手情報誌出版社で求人情報誌・フリーペーパー広告営業を担当。
Webシステム開発会社地域ポータルサイトFC事業部長を経て、2007年セールス・マーケティングコンサルタントとして独立。
売れる営業の仕組みを作り、特に営業部門の問題を解決し、風通しがよい職場づくりに貢献。
趣味はマラソン。自己ベスト3時間52分22秒(さいたま国際マラソン2016)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎働く人の体と心の健康を応援する
メディア「Body Mind Training Lab」http://bmtl.re-arise.co.jp/
◎ウェブサイト : http://www.re-arise.co.jp
◎Facebook : https://www.facebook.com/seinohideyuki
◎メールアドレス : info@re-arise.co.jp

関連記事

こどものイジメをなくすために大人ができること

こどものイジメをなくすための絵本『鏡の中のぼく』の動画版が、 無料で、一般公開されました。 この物語で、世界中から『いじめ』『争い…

ハッキリ言えないことを引出す方法

日本人には奥ゆかしい人が多い。 「奥ゆかしい」には、「思っていることをハッキリ言わない」「控え目」という要素が含まれている。 奥ゆ…

朝おきて「会社に行きたくない」って思ってほしくないんですよね

「セブンルール #28 世界的ブランド「H&M」を影で支えるPRマネージャー!」 http://ow.ly/Ww7G30gx4MP…

人材育成に大切なこと

人材育成施策として、多くの企業では、上司が部下とマンツーマンで面談する機会が増えています。 人材育成には、日々のリアルな業務経験をもと…

想像力を養う方法

コミュニケーション力を上げる一つの方法は、他人の気持を察する想像力を養うことです。 想像力を養うひとつの方法は、縦横に立ち位置を変えて…

ページ上部へ戻る