© Body Mind Training Lab All rights reserved.

想像力を養う方法

コミュニケーション力を上げる一つの方法は、他人の気持を察する想像力を養うことです。

想像力を養うひとつの方法は、縦横に立ち位置を変えて物事を見ることです。
立ち位置を高くあげれば、視野が広がり俯瞰的にモノゴトを見ることができます。
横にスライドすれば、視点の数が増えます。
高いところで横にスライドすれば、死角がなくなることもあります。
そこから下に降りれば、別の視座からモノゴトを見ることができます。

そうすることで他人の気持ちを察する想像力を養うことができます。

コーチングを習得すると、他人との関係性で、このように立ち位置を縱橫に変えることができるようになり、コミュニケーション力が上がります。

−−−—経営者視点を持った社員育成にも役立ちます

もし、社員全員にそういう想像力が身についたらどうでしょう?

職場の問題の多くは、立場や役割の違いを理解できず、自分の立場を優先して行動してしまうことが原因ではないでしょうか。

他人の気持ちを察する想像力が身についた社員は、立場や役割の違いを理解して、相手の立場を考慮した行動をとることができるようになります。
そういう社員を増やせば、経営者目線を持った社員が増えることにもつながります。
それが会社の発展につながることは言うまでもありません。

TCSトラストコーチングスクールは、そんなことにも役立ちます。

TCSトラストコーチングスクールの講座は、一流のコーチが長年実践して効果が認められたコーチングプロセスが一冊のテキストに体系化されています。
そのテキストを用いて、最適な順序で講座を実施することができます。

清野コーチのTCSトラストコーチングスクールは、ご都合に合わせた日時に、マンツーマンで実施します。
詳しくはこちら。
http://www.re-arise.com/program

受講者インタビューはこちら
http://www.re-arise.com/interview

—————————————————————————————
◆ライタープロフィール◆
ビジネスコミュニケーションコーチ
株式会社リ・アライズ 代表取締役
清野 秀之

・TCSトラストコーチング 認定コーチ
http://www.re-arise.com/

・一般社団法人Read For Action協会
認定リーディングファシリテーター
https://www.read4action.com/facilitator/detail/?id=2749
ITを活用したEC業務効率化による職場環境の改善、コーチングを用いた快適な職場の構築、社員の健康増進のサービスを提供している。

【略歴】
大手情報誌出版社で求人情報誌・フリーペーパー広告営業を担当。
Webシステム開発会社地域ポータルサイトFC事業部長を経て、2007年セールス・マーケティングコンサルタントとして独立。
売れる営業の仕組みを作り、特に営業部門の問題を解決し、風通しがよい職場づくりに貢献。
趣味はマラソン。自己ベスト3時間52分22秒(さいたま国際マラソン2016)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎働く人の体と心の健康を応援する
メディア「Body Mind Training Lab」http://bmtl.re-arise.co.jp/
◎ウェブサイト : http://www.re-arise.co.jp
◎Facebook : https://www.facebook.com/seinohideyuki
◎メールアドレス : info@re-arise.co.jp

関連記事

ハッキリ言えないことを引出す方法

日本人には奥ゆかしい人が多い。 「奥ゆかしい」には、「思っていることをハッキリ言わない」「控え目」という要素が含まれている。 奥ゆ…

朝おきて「会社に行きたくない」って思ってほしくないんですよね

「セブンルール #28 世界的ブランド「H&M」を影で支えるPRマネージャー!」 http://ow.ly/Ww7G30gx4MP…

人材育成に大切なこと

人材育成施策として、多くの企業では、上司が部下とマンツーマンで面談する機会が増えています。 人材育成には、日々のリアルな業務経験をもと…

ちゃんと話を聞いてほしい

誰でも話を聞いてほしいもの。 でも、聞いてもらえないことがありますよね。 わかります。 聞いてもらえない理由として、 相手…

何度もおなじことを言わずに済む方法

「これ、前にも言ったよね…」 何回言っても変わらない人いますよね。 何度も何度もおなじこと言わないといけないのはイライラしますよね…

ページ上部へ戻る