© Body Mind Training Lab All rights reserved.

カテゴリー:コーチング

ちゃんと話を聞いてほしい

誰でも話を聞いてほしいもの。 でも、聞いてもらえないことがありますよね。 わかります。 聞いてもらえない理由として、 相手…

何度もおなじことを言わずに済む方法

「これ、前にも言ったよね…」 何回言っても変わらない人いますよね。 何度も何度もおなじこと言わないといけないのはイライラしますよね…

頼られ上司は質問上手

よくある管理職の悩み。 「部下や後輩が相談に来ない」「もしかすると頼りないのかも…」 そんなときは、相談への対応を見直してみることをオススメ…

昨日ちょっと死んでみた

「死の体験旅行」というワークショップに参加した。 何かというと、 アメリカで医療従事者に向け、末期がんなど死に直面する患者の揺れ惑う…

うけこたえひとつで信頼度が3倍

会社で部下や後輩から何か質問をされて、 「あー、この質問をするってことは、たぶんこういうことをしたいんだな」 「でもそういう時に聞く…

自分基準 相手基準

基準にはふたつある。 ひとつは自分基準。 もう一つは相手基準。 自分基準は自分が満たしたい基準を満たせない。 相手基準は…

2つの事情

「事情」には2つある。 「自分の事情」と「他人の事情」 わたしたちが、だれかを「許せない」と思っているときは、 だいたい自分…

浅い話 深い話

話にはふたつある。 ひとつは浅い話。 もう一つは深い話。 違いは視点。 考え方、モノゴトには二面性がある。 深い話は…

曖昧な言葉を定義する意味

「うすくぬってください」 皮膚科で塗り薬を処方してもらうときにいつも言われるこの言葉がずっと気になっていた。 「うすくって、どれ…

運動すれば時間ができる

「やせたいからジョギングでもしようかな?」 でも「時間がない」、「めんどくさい」 この「時間がない」「めんどくさい」が ダイエ…

いいコミット 微妙なコミット

最近よくきく「コミット」という言葉。 この言葉の意味がよくわからないという人も多いようです。 「コミットメント(Commitmen…

いいツッコミ 悪いツッコミ

たとえば会社でだれかがツッコミどころ満載の企画相談を持って相談に来たとします。 そのとき、ツッコミの入れ方には2種類あります。 …

コミュニケーションは距離感が9割

ひととの距離感には、いい距離感と、そうでもない距離感があります。 いい距離感とは、自分に許されたスペースの中に収まっていること。 …

「伝わること」の増やし方

「伝えたこと」と「伝わったこと」はちがう。 「それはわかるけど、これはちゃんと伝えたよね」 そういうことがときどきあります。 …

コミュニケーションのセンスを磨く方法

コミュニケーションにはセンスも必要だ。 センスとは、「決めること」そして「選ぶこと」 相手の言葉をどう理解するかを決めて、自分の…

コミュニケーション力を上げるアイディアのつくりかた

コミュニケーション力を上げるには、アイディアが必要だ。 新しいアイディアを得るには、 自分にとっての「意外性」と相手の「欲」を知る…

コミュニケーションはアイディアが9割

コミュニケーションは難しい。 わたしたちは、自分の常識やルールを基準にコミュニケーションをとる。 自分の常識やルールに縛られている…

ムリして喋るな

「あまり親しくない人とは話が続かない」という人がいる。 本当は黙々と一人で仕事をしていたい。 でも職場では他の人と話をしないと仕事…

初対面で話してはいけない

「初対面の人と話すのが苦手」という人がいる。 うまく話せるようになりたくて、「話し方」の本を読んでも、講座に行っても、だいたい話せるよう…

同僚の問題は立ち話で解決

「堪忍袋の緒が切れた!」 「もうこんな会社辞めてやる!」 会社員だったころ、そんなことが何度となくあった。 ひとりの同僚はこ…

決めつけ

積極的に見える人と、消極的に見える人がいる。 積極的に見える人か消極的に見える人かは、 「こういうことができないだろうか?」などと…

理不尽なことで損をする人しない人

世の中には理不尽なことが山ほどある。 上司の指示通りにやると「気が利かない」と言われる。 先回りをしてやると「余計なことをするな」…

いい不安と悪い不安

不安には2種類あります。 いい不安と悪い不安。 いい不安は、 たとえば、何かを達成するためにキツい壁を乗り越える覚悟をしたとき…

心が折れやすい人、折れにくい人

心が折れやすい人、折れにくい人がいます。 何があっても淡々と進む人。 諦めてしまう人。 近年、心が折れやすい人が増えていると…

相手の立場で考える新常識

「なんでいつも言い合いしてんの?」 お互いの主張を譲らない部下同士のトラブル。 注意するとその場は改善される。 でも、しばらく…

もし100歳まで生きるとしたら

『LIFE SHIFT100年時代の人生戦略』を途中まで読んだ。 WHOの統計によれば、日本は他のどの国より平均寿命がが長い。 10…

グレー

商談に行った。 社長と担当者がいた。 社長は白だという。 白は粗利重視。 担当者は黒だという。 黒は売上重視。 社長…

トラブルをチャンスに変える人、こじらせる人

何かトラブルがあって、明らかに誰かのミスが原因だった。 そういう場合、やっていいことと悪いことがあります。 例えば、うちのパートナ…

部下の主体性を引出すひとつの方法

職場で 「なんでこの人主体性がないんだろう?」と思うことがありますか? もっと自由に自分のアタマで考えて行動してほしいのに、怖がって…

嫉妬するほど部署がまとまるたったひとつの方法

「おい、この資料数字間違ってるよ!」 「え!」 「数字は元の資料のままですよ!」「私が間違えたとでも?」 見ていてハラハラす…

不測の事態に冷静に対処する方法

「いったい何してんの?」 「これ損害賠償ものですよ…」 後輩や部下、外注スタッフが取り返しがつかないほどのミスをしたとしましょう。…

「スンナリ聞ける伝え方」の勉強会

「あー 言いたくない!」 「もうちょっと話を素直に聞いてくれるといいんだけど…」 改善点を指摘すると、批判と捉えて、素直…

大事なことは現場にある

なにか新しい商品やサービスを用意したけどなかなか思ったように売れない。 今ひとつ売れないときに、テコ入れしてもなかなか改善できない。 …

ニーズを顕在化させるってどういうこと?

営業的な仕事の指導で指導でよく言われること。 「お客様は自分(自社)のニーズに気づいていない」 「だから多面的な視点でお客様の問題…

その日のイライラ、その日のうちに

5時間で一生使えるビジネスコミュニケーションを学ぶ

「管理職になったばかり、試行錯誤しているけど指導が思うように行かない」 「上司と部下の板挟みで困っている」 「何度同じことを言っても…

これが目標達成を加速する新常識

職場やコミュニティの中で、 「自分の役割を果たし認められらながら、充実した人生を送りたい」 さらに、「もっと大きな目標にチャレン…

ページ上部へ戻る